SFAを導入するメリットについて

SFAをご存知ですか。今では大手企業では当たり前のように導入していますが、このシステムはそれだけ大きなメリットがあるのです。SFAとは、営業支援システムのことです。このシステムを導入することで、管理職の業務効率の向上を行うことができたり、顧客の必要な情報だけをピックアップできたり、営業日報も簡単に入力できます。つまり、今までのような営業の無駄が全て排除され、営業に最も重要な部分だけを残し効率化を図ることが目的なのです。また、営業の活動状況や案件プロセスの管理や把握がしやすいこともメリットです。今行っている営業活動を見えるかすることで、その部下がどのようなことで営業活動につまずいているかを上司は把握することができます。問題点を早く見つけることは、営業活動においてはとても重要なポイントなのです。

日本におけるSFA活用について

ビジネス用語に長けた人でもない限り、あまりSFAという言葉を耳にする機会はないでしょうし、その言葉の意味を知っている人はかなり少ないと思われます。SFAとは、SalesForceAutomatinの略語で、日本語に訳すと、ルート営業支援を目指したシステムのことを言います。確かに営業成績が会社の業績を上げることにつながることは多く、会社として力を入れたいと考えるのも当然のことです。もともとはアメリカから始まり、ルート営業のためのオートメーション化システムの構築を目指したものですが、日本社会ではセールス担当者の人柄で顧客がつくといった、人との信頼関係を重要視する傾向があるため、アメリカ発のSFAでは完全に対応しきれないところがあります。システムの基礎は取り込みつつも臨機応変に変えていくことが、効果を発揮することにつながりそうです。

最初にSFAについての理解が必要について

SFAは、今や企業で当たり前に利用されている情報システムやソフトウェアの一つで、営業活動に限定して支援し、効率化を図ってより成果を挙げようとするものです。すでに顧客になってくれている会社や個人に関する情報を管理したり、これから獲得が見込めそうな相手先の情報を逐一保管しておけるなど、そのメリットは計り知れません。けれどもこうした便利なツールも、どのように使いこなすかでその結果が違ってくるのは、さまざまな情報システムやソフトウェアと変わりないでしょう。結局のところ、SFAを使いこなす営業マンの腕によって、最大限に力を発揮させるツールになるか、それともイマイチ使いこなせなくて宝の持ち腐れになるかもしれないからです。どのように使えば効果的に営業支援をしてくれるのか、まずはSFAに対する理解が必要と言えます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*