SFAが何故、必要になるのか。

SFAは営業支援システムというものです。だから、企業が円滑に営業できることを手助けしてくれるわけです。このシステムを導入するかによって企業の運命も変化してくるのでしょう。それだけ重要なシステムと言えるかもしれません。ちなみに企業にとって大切なのは顧客などの情報です。ともかく、SFAは営業支援システムといったソフトウェアの一種ですから。結局、使うのは人間ということです。だから、最終的に判断をくだすのは我々にかかってくるわけです。そもそも、企業は一人では成り立ちません。といっても、最近では一人でも会社を立ち上げることは不可能ではありませんが。それでも相手というものが必要になってくるわけです。そのためにも情報は重要なものですし。だからこそ、管理してくれるシステムが大切なものになるということでしょう。

SFAとは営業支援システムのこと

SFAというのは、ビジネスの現場で注目されている言葉です。これは、日本語で言うと営業支援システムということになります。従来はとにかく体力に物を言わせて足で営業をするのが普通でしたが、それでは効率が悪いということに気がつき始めたのです。欧米を中心にして新しいシステムが開発されて、従来の努力や勘、手当たり次第という手法を脱却しようという試みが広まってきています。コンピューターを使って、さまざまなデータを蓄積分析し、より効率的に顧客獲得を果たそうというのがSFAの基本概念です。最近はビッグデータを活用することによってより無駄を省くことができるようになりました。クラウド技術とも相性がよく、営業職の人が出先からデータにアクセスできる環境が整って、飛躍的に一般化しました。今後もさらに精度は上がっていき、営業効率がアップすると考えられています。

SFAを使うと人件費の削減が果たせる

SFAというのは営業活動をより効率的に無駄なく行えるようにする各種システムのことです。これを導入することによって、大幅に人件費が節約できるようになりました。従来のように人海戦術に頼る必要がないので、少数精鋭でも同じような結果が得られるようになったのです。営業部門を軽量化することができれば、経営も楽にできるようになります。非常に便利なものですから、今では中小企業にまで浸透し始めています。SFAは実際に営業をしている人たちにも高評価を得ています。スマホなどでさまざまなデータを参照できるので、事前に予習をしたりする必要もなくなりました。すぐに顧客データにアクセスができるので、業務に無駄が生じません。労力をすべて有効な部分に注ぎ込めるために、仕事は大幅にやりやすくなったと言えるでしょう。営業職の負担を軽減できる珍しいシステムです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です